旅2・肱南篇

まちに残る百年の
刻(とき)を味わう旅

時を超えて愛される
職人と商人のまちを歩く

加藤家六万石の城下町大洲は、明治期から大正期にかけて木蝋と製糸産業で繁栄し、まちは賑わいをみせました。百年を超える時代を刻み、受け継がれてきたまちの歴史や伝統をたっぷり味わえるコースです。

・伊予の小京都、碁盤の目に沿ってのんびりまち歩きがおすすめ。
・老舗のお菓子屋さんには、思わず買い占めたくなる名菓子がずらり!
・昭和レトロな昔の病院通りでは、どこか懐かしさを感じます

コース あさもや→おはなはん通り→志保町通り→臥龍山荘→中町3丁目→おおず赤煉瓦館(渡し場眺望)→本町2丁目→村田文福老舗→ひらのや→中町2丁目→あさもや
老舗菓子舗でのおもてなしタイムあり!
料金 お一人様2,000円(臥龍山荘入館料、和菓子代金込み) 料金は当日、集合場所でお支払いください。
開催日 日曜日
※イベント等により開催できない日があります。
開催日カレンダーでお確かめください。
時間 14:00~16:00(約2時間)
※13:50までに「まちの駅あさもや」集合
距離 約2km
最少催行人数 2人
事前予約 3日前まで
定員 15名