旅1・肱南篇

臥龍山荘 豪商と
名工の足跡をたどる旅

思いを託された
臥龍山荘ものがたり

かつて加藤家六万石の下屋敷であったこの場所を、木蝋貿易で財をなした豪商河内寅次郎が、その思いを名工中野寅雄に託して建築した臥龍山荘。まちなみと臥龍山荘をめぐりながら、その足跡をたどります。旅2「まちに残る百年の刻を味わう旅」の魅力をぎゅっと詰め込んだおすすめの新コースです。

・臥龍院の縁側から眺める借景の肱川がおすすめ!
・臥龍山荘の庭を歩くと、ふとしたところに繊細な生け花が・・・心が癒されます。
・臥龍院の裏手を回ると、外観にもいろいろな工夫が・・・見ごたえあり!

コース あさもや→おはなはん通り→臥龍山荘→中町3丁目(職人のまち)→あさもや
※中町3丁目では、職人の店を案内人が説明しながら紹介します。
料金 お一人様1,000円(臥龍山荘入館料込み) 料金は当日、集合場所でお支払いください。
開催日 通年(毎日)
※イベント等により開催できない日があります。開催日カレンダーでお確かめください。
時間 11:00~12:30(約1時間30分)
※10:50までに「まちの駅あさもや」集合
距離 約1km
最少催行人数 2人
事前予約 事前予約が便利です。当日受付も可能
定員 15名